スマートフォン用サイトを表示

皆様へ|その他|医師 百澤明ブログ

投稿日: 最終更新日: 2017-04-13 その他

この度の「東日本大震災」で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。そして、皆様の安全と、被災地の一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

震災から、2週間が経過し、ようやく東北自動車道が一般開放され、また、燃料不足によるガソリンスタンドの混雑が解消されつつあります。しかし、東北では何十万人という人々が、避難を余儀なくされ避難所できわめて不自由な生活を強いられています。

私は、内浦先生とは異なり、美容外科専属ではないのですが、この状況で美容外科の仕事をすることの是非、意義を考えさせられました。

私の常勤先である埼玉医科大学総合医療センターでは、計画停電の影響もあり、一時はほぼ全ての予定手術を延期とし、患者様の安全を確保する措置をとってきましたが、24日より平常通りに戻りました。
また、日高にある埼玉医科大学国際医療センターは、私は、毎週1回程度頭頸部ガン切除後の再建手術を担当しに行っておりますが、こちらは震災後より平常通り業務を行っております。これは、患者様が、悪性腫瘍、脳卒中など、手術延期にするわけにもいかない疾患の方たちが主であるためです。

その一方で、クリニック日比谷で私が担当するのは、美容外科であります。
このような混乱の中では、優先順位の低い医療といわざるをえません。
しかしながら、意外と患者さまの予約および手術予定が入っております。これだけのニーズがこの状況でもあるのだなと驚かされております。

今、私のすべき事は、節電に努力しつつ、日々の職務を全うすることであると考え、日比谷では美容外科診療、埼玉医科大学総合医療センターでは、形成外科診療、教育、研究、埼玉医科大学国際医療センターでは、ガン切除後の再建治療にしっかりと、取り組んで参りたいと思っています。

まだまだ、大変な日々が続きますが、
以前通り、モニター患者さまの画像を紹介したり、情報発信をしていきたいと考えております。

  • カウンセリング予約
  • メール相談