TOP > 診察方法一覧 >女性器 >膣縮小術

女性器 膣縮小術

膣縮小術

膣縮小は非常に多くの方がご相談にお越しになる手術の一つです。

ご自分の膣が「広いのでは?」「緩いのでは?」と悩み、劣等感から男女関係に自信が持てなくなってしまっている方が多くいるようです。

膣縮小術は生まれつき膣の広い方や出産によって広がった方など様々な方に良い適応となります。

当院の「膣縮小術」は膣の入り口よりアプローチして、膣後壁の粘膜を切り取り、その後ろにある筋肉を縫い縮め、粘膜を縫合します。当院の方法は粘膜を縫い縮めるだけの方法ではありませんからより確かな効果が得られます。縫い縮めるだけの方法では性交渉の際に糸が切れて元に戻ってしまうことが多々あります。

性交渉は1ヶ月後から可能となります。

手術の流れ

1.デザイン 症例数豊富な医師がデザインいたします。
 
2.麻酔 ブロック注射と局所麻酔を併用します。
ご希望であれば静脈麻酔にて眠っている状態で手術を終えることもできますのでお気軽にご相談ください。
 
3.切開 膣入口から数センチ入った部位の粘膜をデザインに沿って切り取ります。
切り取った粘膜部の下の筋肉を縫い縮めます。
 
3.止血・縫合 止血操作は確実に行います。
縫合は専用の溶ける糸を用います。
抜糸の必要はありません。

アフターケア

※術後の経過は個人差がありますので、以下の説明は目安とお考え下さい。
※抜糸などはありません。

手術当日
 
翌日 ・シャワー○
 
1週間後 ・入浴は1週間後から○
・チェックの為、ご来院ください
 
4週間後 ・性交渉○

施術時間・料金

手術時間 60分前後
手術料金
膣縮小術 378,000円

女性器のご案内

  • この施術の費用を見る
  • この施術のQ&Aを見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ