スマートフォン用サイトを表示
TOP > 診察方法一覧 > シミ・アザ >トレチノイン治療

シミ・アザ トレチノイン治療

トレチノイン治療

東大医学部の吉村浩太郎講師が、日本で最初にこの治療をはじめ、軟膏の精製法やシミ治療の方法論を確立しました。トレチノインは本来脂溶性のものですが、これをあえて水溶性のゲルに強制的にとかし、皮膚に塗ってやる事で皮膚上で濃度が高まり通常のクリーム基材のものより効果が高いのです。皮膚の色は多くは表皮にあるメラニンという色素の量で決まってきます。このメラニンは基底層にある確率で存在するメラニンを産生する細胞、メラノサイトが定期的に生みだすのですが、黒人・白人間でもメラノサイトの量は余り差がなく、産生されるメラニンの量が圧倒的に違い、色の差となって現れるとされています。表在性のシミは何らかの形でこのメラニンが表皮・角質にたまってしまったり、メラノサイトが何かの影響で活性化されてメラニン産生を増やす為に起こるわけです。トレチノインはビタミンAの仲間で、外用剤として皮膚にぬると、皮膚表皮の一番奥にある基底層の細胞に働いて、この分裂を活発にします。

この結果、通常28日といわれている表皮の入れ替わる周期を最短半分ぐらいにまで早めることができます。ここでハイドロキノンなどの漂白剤を併用し、メラノサイトにこれ以上メラニンを作るなという指令を同時に与えてやる事により、通常の老人性の色素斑(あまりに角質が厚かったり手や足のものはまずはレーザーでこの角質を飛ばしてやる必要があるときがあります)や、ソバカス、扁平母斑、肝斑など皮膚表皮の表在性疾患ではシミを取り去る、薄くすると言う事ができるわけです(肝斑などはホルモンの影響によりメラノサイトが常に活性化されている状態ですから、レーザー・フォトフェイシャルなんかをうってしまうと、強い光の刺激でさらにメラノサイトが活性化されメラニンを産生して逆に悪化してしまいます。このため肝斑はこのトレチノインの治療が基本となります)。ですから、日焼けや、単に色を白くしたい人、なんとなくくすみを取りたい人、乳輪の黒ずみ(これも表皮のメラニンが色の原因)を薄くしたい人にも向いています。ただ、強制的に代謝を早めてメラニンの排出を促しますので、治療を開始してから数日から一週間ぐらいの時に少し炎症を起こして赤くなったり、皮がぽろぽろとむけたりといった状態になります。

逆に多少この症状が出ないと色素が出て行かないので、多少辛いのですが、日焼け止めをしっかりと使っていただきお化粧で赤み等をごまかしてください。トレチノインは二ヶ月治療をして一ヶ月休むという三ヶ月が一クールとして治療の目安ですが、シミにより、これを繰り返したり途中でレーザーの力を借りて治療を進めていきます。トレチノイン治療中は反応が弱すぎれば効果がないので、濃い濃度のものに変えないといけませんし、強すぎたり自己判断で急にやめたりすると、逆に先ほどのメラノサイトを活性化して色がついてしまう事がありますので、特にはじめの二ヶ月は二週間に一度の通院がとても重要です。料金は範囲が狭ければこの一クールで4-5万円(はじめに初診料・薬代に3万円がかかります)、範囲が広く、保湿などをよりしっかりしたほうが良いと判断される場合には7-8万円(はじめに初診料・薬代に4-5万円)かかります。

さらにビタミンAは摂取しすぎると動物実験では奇形児が生まれたという報告があります。皮膚に塗る程度では血中濃度は殆ど上昇せず、もともとからだの中にあるものなので問題ないとは思いますが、一応トレチノインの治療期間中は避妊をしていただいています。

トレチノインとレーザーを併用した色素沈着治療

Before
写真
After
写真
Before
写真
After
写真

トレチノイン治療( 1クール後)後表皮のメラニンがきれいに抜けています。この状態で真皮のメラニンをレーザーでたたいていきます。

症例写真:トレチノインによる乳頭・乳輪の漂白

Before
写真
治療前
After
写真
治療開始後3ヶ月

施術料金

範囲が狭い場合 43,200円~54,000円
範囲が広い、保湿重視の場合 75,600円~86,400円

※税込み

シミ・アザのご案内

  • この施術の費用を見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ