スマートフォン用サイトを表示
TOP > 診察方法一覧 > 目の下のたるみ

目の下のたるみ 経結膜的眼窩脂肪移動術(トラコンハムラ法)

明るい目元で若々しく

"目の下のたるみ"というと、"くま"よりも加齢現象のニュアンスが強くなります。
"しわ" "たるみ" "くま" です。

Ⅰ:しわ:表情じわ・表皮じわ

表情じわは、笑った時などに目尻にできるしわで、表情筋の作用によってできるしわなので、ボトックス注射での治療が有効です。(目元以外では眉間やおでこなどにできます。)
表皮じわは、皮膚の表面にできる細かいしわ(小じわ・ちりめんじわとも言います)で、レーザー治療器や光治療器を用いた治療があります。物理的構造によるもの

Ⅱ:たるみ:目袋・皮膚のたるみ(目の下のたるみ)

目袋は、眼球を支えている眼窩脂肪が重力により下垂し前方にせり出してくることが原因で、袋のようにふくらむので目袋と呼ばれています。治療は脱脂か眼窩脂肪移動術が有効です。
皮膚のたるみは加齢によるもので、手術で皮膚を切除するか、レーザー治療器での引き締めなどの治療があります。

Ⅲ:くま:目袋・鼻頬溝の陥没

目袋の原因は同上です。ふくらみの下に影ができ目元が暗く見えてしまいます。
鼻頬溝は目の下の内側にある溝のことで、この溝(凹み)が目立つと目元が暗く見えます。この凹みタイプのくまは脱脂をすると悪化してしまうことがありますので、眼窩脂肪移動術が有効です。

年齢を重ねると身体には様々な変化が現れます。骨格・軟部組織・皮膚の変化により頭や顔の脂肪がやせ、こめかみや目の周りの骨の形が分かるようになってきます。
 もちろん目元にも変化が現れ、目の周りの脂肪(眼窩脂肪や皮下脂肪)がやせると目元が窪んだ感じになり、鼻頬溝の陥没が目立つようになります。
 重力により眼窩脂肪が下垂し前方にせり出してくると目袋になります。
 また、まぶたを構成している組織(瞼板や眼輪筋など)が緩むと、眼瞼下垂や目尻が下がりたれ目になったりします。
 皮膚の変化も現れ、しわやたるみが出てきます。

 また、目袋やくまがあることで老けた印象が強くなります。
反対に同じ年代の方でも目袋やくまがない方は若く見えることが多いといえます。

Before
写真
After
写真

経結膜的眼窩脂肪移動術とミッドフェイスリフト、炭酸ガスレーザー治療(計5回)を行い目の下のたるみを改善いたしました。

下まぶたの若返り手術について

このページでは、下眼瞼の若返り手術についての当院のコンセプトについて紹介します。

若返りを目的とした下まぶたの治療にはいくつかの手術法があります。

  • 皮弁法:皮膚のたるみとり
  • 筋皮弁法:皮膚のたるみとり+眼輪筋のたるみとり
  • 脱脂:眼窩脂肪切除
  • ハムラ法:皮膚のたるみとり+眼輪筋のたるみとり+眼窩脂肪移動術

皮弁法・筋皮弁法では皮膚や眼輪筋のたるみは改善しても、目袋はなかなか改善しません。また、脱脂は切除する脂肪の量によってふくらみが改善しなかったり、取りすぎて凹んでしまうことがあります。
目袋の改善には、ハムラ法の特徴である「眼窩脂肪移動術」がとても効果が高い方法です。しかし、同時に合併症が多い術式でもあります。

そこで、当院のコンセプトは、皮膚を切らずに合併症を減らし、ミッドフェイスリフトやレーザーリサーフェシングを併用し、効果的で調和のとれた自然な下眼瞼の若返りを実現することです。

経結膜的眼窩脂肪移行術

経結膜的眼窩脂肪移動術の最大のメリットは、経皮アプローチに比べて「合併症が少なく安全」である点です。
経皮法は、皮膚→眼輪筋→眼窩脂肪の順でアプローチしていきますので、眼輪筋を損傷する危険性があります。しかし、経結膜法は、結膜→眼窩脂肪の順でアプローチしていきますので、眼輪筋の損傷がなく、外反を起こす割合がとても低いのです。

皮膚を切り取らなくてよいのか?について

アメリカの美容外科医R.A. Goldbergは、下眼瞼の皮膚切除は期待するほど効果的でないと指摘しています。われわれもこの意見に賛成で、皮膚を切除しなくても、経結膜的眼窩脂 肪移動術のみで意外なほどの若返り効果が得られます。必要な場合には、皮膚を切除するのではなく、レーザーを用いて皮膚の余剰を取り除きます(後述)。

眼窩脂肪温存について

従来は目の下のふくらみに対しては「脱脂」が主流でした。しかし、加齢により脂肪がやせ減っていくのに取って捨てるのはよくないという考えがあります。また、脂肪が少なくなることで窪んだ目元になり老けた印象が強くなってしまうことがあります。
そこで当院ではなるべく脱脂は行わず、できるだけ眼窩脂肪を温存するために眼窩脂肪移動術を行っています。

経結膜的眼窩脂肪移動術の特徴
  • 経結膜アプローチなので皮膚には傷跡が残りません。
    また、皮膚を切開しないので眼輪筋の損傷がなく、合併症を起こす危険性が少なく安全です。
  • 鼻頬溝部分の付着をはずします。
  • 脱脂:眼窩脂肪切除
  • 眼窩脂肪は切除せず、脂肪を引き出し、ふくらみを平らにし、凹んでいる部分に移動して固定します。
皮膚のたるみ:レーザーリサーフェシングについて

経結膜的眼窩脂肪移動術は皮膚切除をしないことを特徴として挙げていますので、皮膚のたるみに対する治療が必要な場合には、レーザーリサーフェシングでの肌の引き締めを行うことにしています。
治療は複数回になりますが、皮膚を切り取りすぎることはないので安全です。

炭酸ガスレーザーによるフラクショナルレーザーリサーフェシング

炭酸ガスレーザーを皮膚にまばらに照射し、皮膚に微細な穴を開け、皮膚を剥離させることで肌の入れ替えを促し、皮膚を収縮させます。

 炭酸ガスレーザーは皮膚の水分と反応し熱を発して組織を蒸散させます。すると、蒸散した部分の隙間を埋めようとして周りの組織が寄り、収縮が起こります。この作用により皮膚が縮まるので、フラクショナルレーザーには小じわやたるみの改善(スキンタイトニング)効果があります。
レーザーをまばらに照射することで、レーザーの熱で変性した組織の周りにある健常な組織が変性した組織を早く押し出そうとするので傷の治りが早くなり、肌のターンオーバー(代謝)も早くなります。これが肌の入れ替え(スキンリサーフェシング)といわれています。
炭酸ガスレーザーはレーザー光線の到達深度が深く、肌の深いところまで熱作用が及ぶので、その熱によりコラーゲンの活性化が起こります。

 肌のターンオーバーが早くなり、コラーゲンが活性化され、皮膚も収縮するので、肌にハリが出て小じわやたるみも解消します。

Before
写真
After
写真
炭酸ガスレーザー施術直後
After
写真
中央が炭酸ガスレーザーによるフラクショナルリサーフェシング直後です。このように、直径0.2ミリの穴をたくさん開けます。
ミッドフェイスリフトについて

ミッドフェイス(中顔面)とは、下まぶたや頬のことをいいます。
この部分が下垂すると、下まぶたと頬の境目あたりがやせたり、鼻唇溝(法令線)が深くなったりして老けた印象を与えます。
やせた目元や法令線は通常の頬のフェイスリフトでは改善が難しく、ミッドフェイスリフトが必要になります。
ミッドフェイスリフトは、頬の上部と法令線の上の部分(小鼻の横)を上方向に引き上げます。
下まぶたの若返りにおいてのミッドフェイスリフトの必要性についてですが、凹みタイプの影くまでミッドフェイスの下垂があると鼻頬溝の陥没が目立つ場合が多く、経結膜的眼窩脂肪移動術だけでは十分な改善が難しいことがあります。そこで、頬上部の脂肪(malar fat)で下まぶたのボリュームを補いふっくらとした目元へと改善させる目的でミッドフェイスリフトを行います。
また、目のくま・目の下のたるみ治療でいらっしゃる方の中にはmid cheek groove(いわゆるゴルゴ線)が目立つ方がおられます。これもミッドフェイスの下垂が原因なので、ミッドフェイスリフトを行うことでゴルゴ線が目立ちにくくなる場合があります。
なお、経結膜的眼窩脂肪移動術では、剥離範囲を少し広げるだけでミッドフェイスリフトも一緒に行うことができます。これは大きなメリットです。
ただ、本格的(大掛かり)なミッドフェイスリフトではないので、法令線がまったくなくなるわけではありませんが、下まぶたの若返りにはとても重要な施術です。

症例写真:

経結膜的眼窩脂肪移動術、ミッドフェイスリフト、レーザータイトニングによる目の下のたるみ取り治療

Before
写真
After
写真
Before
写真
After
写真

経結膜的眼窩脂肪移動術とミッドフェイスリフト、炭酸ガスレーザー治療(計5回)を行い目の下のたるみの改善をいたしました。

手術の流れ

1.デザイン ・ 座った状態(または仰向けに横になった状態)で細かく脂肪の位置と移動部位に印を付けます。
 
2.麻酔 ・ 局所麻酔と静脈麻酔の併用で行います。
・ 静脈麻酔で眠っている間に手術を終えますので、手術中に痛みを感じることはありません。
 
3.切開 ・下まぶたの結膜側(まぶたの裏側)を切開します。
・ 眼窩脂肪を移動させるためのスペースを作ります(骨膜上ポケット)。
・ 眼窩隔膜および眼窩脂肪を切開し弁状に細工します(これを眼窩脂肪弁といいます)。
・ 目の下がフラットになるように、眼窩部の形を整えます。
・ 作成した骨膜上ポケットに眼窩脂肪弁を移動し、眼窩脂肪を包んでいる膜(眼窩隔膜)と眼窩脂肪を一緒に縫合固定します。

・ ミッドフェイスリフトを予定している場合には、これを行います。
 
4.止血・圧迫 ・ 確実な止血を確認します。
・ 結膜切開部の縫合をおこない、手術を終えます。
(溶ける糸を使用しますので抜糸はありません。また、切開線は結膜側なので皮膚には傷跡が残りません。)
・ レーザーリサーフェシングを予定している場合には、これを行います。
・ 腫れと内出血を抑えるため目の下に茶色のテープを貼ります。
・ 1時間程目元を冷やします。

アフターケア

※術後の経過は個人差がありますので、以下の説明は目安とお考え下さい。
※抜糸などはありません。
※腫れは、通常の生活に戻るまで、約1週間程度となります。

手術当日
 
2~3日後 ・洗顔、シャワー○
・コンタクトレンズは7日後から○
 
1~2週間後 ・チェックの為、ご来院下さい

施術時間と費用

手術時間 90分前後
手術料金
経結膜的眼窩脂肪移動術
(トラコンハムラ)
経結膜的眼窩脂肪移動術 378,000円
ミッドフェイスリフト 108,000円
レーザーリサーフェシング 43,200円
手術と同時に行う場合 32,400円

※税込み

目の下のたるみのご案内

  • この施術の費用を見る
  • この施術の症例を見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ