TOP > 診察方法一覧 > 豊胸術

豊胸

豊胸術のバックについて 

豊胸手術後について

豊胸術は我々がこだわり、力を入れている手術の1つ

豊胸術には様々なものがあります。
①プロテーゼを乳房の下に挿入する豊胸術
・生食バッグを用いる豊胸術
・シリコンバッグを用いる豊胸術
②脂肪注入による豊胸術
(当院では患者様のご希望により脂肪注入も行っていますが、この方法は、なかなか結果が安定せずまた、しこりになることも多く、そうなってしまうと摘出が困難なことから、あまりお勧めいたしません。)

シリコンプロテーゼ挿入法

基本的にはシリコンプロテーゼ挿入法をおすすめしています。

Before
写真
After
写真
方法

これは、脇の下を3~4センチくらい切開し、乳房には傷つけないよう乳腺下にプロテーゼを挿入します。この方法は正確には大胸筋膜下ですので乳腺や乳管には全く触りません。従って、授乳などには全く影響ありません。

バッグの材質については、様々なものが存在しますが、ソフトコヒーシブシリコンバッグを当院では主に用いています。これはバッグ外膜が三層構造になっており非常に強く、また、万が一破損してももれにくい設計になっており、一塊に取り出せるため抜去も容易です。

豊胸手術後の経過

豊胸手術後、ドレーン(血がたまらなくするための管)を留置します。豊胸手術翌日、抜去しに来院して頂く必要があります。ドレーン抜去後よりシャワーが可能となります。1週間後に抜糸を行います。

術後1週間ぐらいはプロテーゼを入れた胸部の疼痛が少し強いかと思われますが、その後はかなり楽になってきます。また、広範囲を剥離するため、胸の感覚がしばらく鈍くなることがあります。

また、当院では基本的にユーロシリコン社製のテクスチャードタイプ(表面がざらざら)のタイプのプロテーゼを用いています。現在のところ、このタイプの ものが最も皮膜拘縮が起こりにくく柔らかく仕上がると考えられています。そのため、マッサージは必要ありません。3ヶ月ぐらいは基本的にブラジャーはしな いほうが良いようです。

※被膜拘縮とは異物の周りにできる膜です。これが高度に生じるとカチカチの胸になります。スムースタイプ(表面がつるつる)のプロテーゼに多く生じるといわれています。

適応について(どの種類のプロテーゼが良いか?どの方法が良いか?)

乳腺がほとんどない場合、現在のところ教科書的には大胸筋下法が正しいとされています。しかし、私たちは、そのような方は筋肉も薄く、その薄い筋肉で覆うことの意味が余りないのではないかと考えています。その上、大胸筋下法は筋肉(大胸筋)の作用により、せっかく良い位置に入れたバッグが上の方に移動しやすいのです。

もともとある程度、乳腺・脂肪のある方の場合は触れても分かりにくいぐらいの非常に自然で良い結果が得られます。

しかし、本当に乳腺のない方の場合、見た目は自然ですが、触るとバッグの感触が分かってしまうかもしれません。このあたりが患者様にとって一番不安なところかと思います。

まずは是非一度カウンセリングにいらしてください。

写真
 
写真
  写真

施術料金

豊胸術 786,240円(一か月分の投薬料含む)
(内訳) 手術料金(ドレーン代含む) 648,000円
麻酔料金  108,000円
術前検査料 21,600円
投薬料(術後3ヶ月ぐらい内服します) 8,640円/月
他院手術後バック入れ替え 上記プラス216,000円
他院手術後バック抜去  486,000円
(内訳) 手術料金 432,000円
麻酔料金 54,000円

※税込み

豊胸術のご案内

  • この施術の費用を見る
  • この施術のQ&Aを見る
  • この施術の症例を見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ