スマートフォン用サイトを表示
TOP > 診察方法一覧 > シミ・アザ >レーザー治療

シミ・アザ レーザー治療

レーザー治療

表皮の疾患でも角質が厚くなっており、先ほどの薬が入っていかないと判断される場合や、主に真皮に色素の存在するアザにちかい色素性疾患、大田母 斑・伊藤母斑や表皮と真皮の両方に色素の存在する後天性真皮メラノサイトーシスや肝斑・炎症後色素沈着(タオルによるこすりすぎやアトピー性皮膚炎後の色 素沈着)のなかでも経過が長くてメラニンが表皮の基底膜を破って真皮の方にまで落っこちてしまっているもの、などは本格的な治療はレーザーの力を借りない と治療は不可能です。ただ、日本人の大きい問題として、レーザーによりそのシミが取れたとしても、そのレーザーが皮膚を通過した事により、先ほどの表皮基 底層にいるメラノサイトが活性化してしまって三週間から四週間の後にぼんやりとした黒い色がついてしまう事が多いということです(炎症後色素沈着 PIH  と呼ばれています)。

この場合には日焼けに気を付けて気長にまっていただくか、先ほどのトレチノインの治療をして表 面の色素を追い出してやる事になります。また表皮にメラニンが余りに多く含まれている疾患についても、始めからレーザーをあててしまっては、表面のメラニ ンにエネルギーをトラップされて真皮まで届かず、何の治療にもならないといった事が起こりえます。逆に角質が厚いものは、はじめにレーザーを使わないと治 療がうまくいきません。当院では表面を削る炭酸ガスレーザーやQスイッチヤグレーザー(ソバカスなどには実はロングパルスアレキサンドライトレーザーなど を使う事もあります)を使い分け、様々な色素性疾患を治療できる体制を整えています。

このように、シミ・あざははじめの診断と通院がとても重要です。一番簡単にとれるしみでも、や はりいったん出来てしまったものは通院の上2~3ヶ月はかかりますので、きちんと医療機関にて治療されることをお勧めします。さらに顔以外のところでは皮 膚の真皮・表皮の厚みや性状が異なる為に、本当に保湿をしっかりしないとトレチノインは以外と使い方が難ししかったりします。これも医師の指導に従ってく ださい。

また、特に顔以外の扁平母斑(メラノサイト事態がもともと活性化しており再発が多いので、顔面 でもトレチノイン、ハイドロキノンでなるべく再発しないようコントロールいくことが大切です)では、Qスイッチ系のレーザー(色素のみを特異的に破壊 し、細胞そのものは殆ど影響を与えません。ですから、逆に瘢痕にならないわけです)では治療が難しい事もあります。その場合にはロングパルス(レーザーを 当て続ける時間が長く細胞を破壊します。逆に少し瘢痕になる可能性はあります)サンドライトレーザー、炭酸ガスレーザー(要するに表皮を削り取ってしま う)をもちいたりします。ただ、それでも対応しきれないと考えられる場合にはショートパルス(Qスイッチとロングパルスのあいのこです)のレーザーを持っ ている施設(通常私自身の医局の関係で東大病院)を紹介する事にしています。

施術料金

レーザー治療 10,800円/2c㎡
+5,400円/+1c㎡毎に

※税込み

シミ・アザのご案内

  • この施術の費用を見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ