TOP > 診察方法一覧 >女性器 >処女膜再生

女性器 処女膜再生

処女膜再生

処女膜とは膣の入り口にある「ひだ」です。

スポーツなどで知らないうちに破損している場合もありますし、もともと「ひだ」自体が小さい人もいます。このような場合 には、初めての性行為で処女膜が破綻して出血しなくてもおかしいことではありません。

しかし、通俗的には初めての性行為の時には多少の出血があると思われていますので、それを気にされる方のために、例えば、特に大事にしたい誰かと初めて 性交渉を行う前に、処女膜再生(初めて挿入する際に出血させるよう、処女膜を少し切って縮める)という手術があります。

局所麻酔で手術可能です。

 

手術の流れ

1.麻酔 局所麻酔で行います。
ご希望であれば静脈麻酔にて眠っている状態で手術を終えることもできますのでお気軽にご相談ください。
 
2.切開 粘膜部一部切除いたします。
 
3.止血・縫合 この手術において最も重要な点が止血操作です。
縫合は専用の溶ける糸を用います。
抜糸の必要はありません。

アフターケア

※術後の経過は個人差がありますので、以下の説明は目安とお考え下さい。
※抜糸などはありません。

手術当日 ・シャワー○
・入浴○
 
翌日 性交渉は術後翌日~1週間以内に行ってください

施術時間・料金

手術時間 30分前後
手術料金
処女膜再生 108,000円

処女膜再生のご案内

  • この施術の費用を見る
  • この施術のQ&Aを見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ