TOP > 診察方法一覧 >女性器 >小陰唇縮小

小陰唇縮小

小陰唇縮小

小陰唇はその形状に関して非常に個人差の大きな部位です。ですから「この大きさ形が正しい」という基準があるわけではありません。しかし大きさや左右の不揃いなどに悩んでいらっしゃる方が多い部位になります。

小陰唇のことでお悩みの方は当クリニックの女性スタッフにぜひお声がけください。ご本人が思い込んでいるだけで実は小陰唇の大きさ・形ともに一般的に正常範囲ということも多く、医師が適切なアドバイスをおこなうのでお気軽にお話しください。
患者様のご希望次第ですが、一般に標準とされている大きさに縮小して、色素の強いところはなるべく切除します。

縮小術後は翌日よりシャワー可能です。入浴(お風呂の湯船につかる)も1週間もすれば大丈夫です。

お酒は出血や腫れがやや増す可能性があるので、1週間ほどお控え下さい。
溶ける糸で縫合しますので、通院は必須ではありませんが、10日から2週間ほどで検診をかねて抜糸(溶けるのを待ってもよいです)に来ていただく事が多 いです。

縮小術ではできるだけ色素沈着の強い部分も切除しますが、さらなる治療としてトレチノインという塗り薬で治療することが可能です。

トレチノインの治療 は2ヶ月行って1ヶ月休むというのが基本のサイクルです。

 

お勧めの方

  • 小陰唇の形や大きさが気になる
  • 小陰唇が下着にすれて痛い
  • 左右の大きさ・形の差が気になる

手術の流れ

1.デザイン 症例数豊富な医師が適切な大きさ形になるよう細かくデザインします。
 
2.麻酔 ブロック注射と局所麻酔を併用で。
御希望の方には静脈麻酔を使い、眠っている状態で手術を終えることもで可能なのでお気軽にご相談ください。
 
3.切開 デザインに沿って粘膜部の切除をいたします。
その際色素の強い部分はなるべく切除するのがポイントです。
 
4.止血・縫合 小陰唇縮小術において最も重要な点が止血操作です。
小陰唇は血行が豊富な組織ですので入念な止血が術後の経過を左右します。 縫合は専用の溶ける糸を用いますので仕上がりは自然です。 抜糸の必要はありません。

アフターケア

※アフターケアーもすべて女性スタッフが担当です。
※縮小術後の経過は個人差がありますので、以下の説明は目安とお考え下さい。
※抜糸などはありません。
※デリケートな部分の手術なので腫れの個人差が大きいです。余裕のある日程でお考えください。

手術当日
 
翌日 シャワー○
 
1~2週間後 入浴は1週間後から○
チェックの為、ご来院下さい
 
4週間後 性交渉○

施術時間・料金

手術時間 60分前後
手術料金
小陰唇縮小術 216,000円

トレチノイン色素沈着治療料金

手術料金
トレチノイン治療 43,200円~54,000円 / 1クール

※1クール=3ヶ月サイクル

小陰唇縮小のご案内

  • この施術の費用を見る
  • この施術のQ&Aを見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ