スマートフォン用サイトを表示
TOP > 診察方法一覧 >ボトックス注射とは? >多汗症・ワキガ治療のボトックス注射

多汗症・ワキガ治療のボトックス注射

切るのは怖い方にお勧め!ボトックス注射と脱毛の相乗効果でワキ汗すっきり

ワキ汗の量が多く悩んでいる方で、手術をするのはちょっと怖くて・・という方にはボトックス注射と脱毛を組み合わせたワキ汗対策をお勧めいたします。ボトックス注射は汗を出しなさいと命令する神経の働きを強制的にブロックするので、汗自体がでにくくなります(注射後3日から1週間で効果が表れてきます)。臭いが気になる場合には脱毛を組み合わせると、細菌の繁殖の場所が少なくなる為、相乗効果があります。
当院では、1回目のワキの脱毛はボトックスの料金に含まれています(2回目以降の脱毛は、ご希望により2ヶ月ごとに1回5,250円です)。

汗はなぜでるの?


汗は体温調節の為に重要な役割を担っていて、運動や気温の上昇などにより体温があがるのを汗をかくことにより一定の体温に保つ働きをします。汗をかくことは正常。恥ずかしいことでも何でもありません。もうひとつ、汗がでる原因に「緊張」「不安」など精神的な要因があげられます。精神的要因の発汗は自律神経のなかの交感神経の反応が敏感になることにより汗腺の働きが活発になり汗がでます。

ワキには2つの汗腺


脇汗の説明_ボトックスワキにはアポクリン汗腺とエクリン汗腺という2種類の汗を出す汗腺があります。エクリン汗腺はほぼ全身に存在していて、私たちが一般に「汗」と呼んでいるものを分泌します。この汗は主に体温を調整するために分泌されます。エクリン汗腺から分泌される汗そのものは無臭で皮膚の常在細菌の活動を抑える働きがあるのですが、衣服や皮膚に付いた雑菌に「湿り気」を与えて活性化させてしまいます。汗に濡れたものをそのままにしておくとだんだんニオイがしてくるのはこのためです。多汗症(ワキ汗)といわれる汗をたくさんかく人はこのエクリン汗腺の分泌量が多いということになります。ニオイが気になる場合は、こまめに汗をふき取り清潔にしておけば大丈夫でしょう。 一方、アポクリン汗腺は、耳の穴、ワキ、乳輪、おヘソ、性器、肛門周囲などの限られたところにだけ存在します。 成長と共に大きさが変わり、思春期の頃から遺伝や性ホルモンなどの 影響を受け大きくなり始めます。アポクリン汗腺からはタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含む、粘り気のある白っぽい汗を出します。これらの汗に含まれる成分が雑菌によって分解されて独特のニオイが発生します。汗をふき取ったり、清潔に保つだけではニオイを抑えることが出来ません。

汗の量に加えて、においが気になる方はこちら

ワキ汗ボトックス注射のメカニズム


ボトックスは、汗がたくさん出る原因となっているエクリン汗腺の働きを抑える事が出来るますので、汗の量を軽減させることができます。汗の量が多いだけでニオイはきにならない方にお勧めの治療です。

安全性について


当院のワキ汗ボトックス注射で使用するボトックスは、アラガンジャパン社製の正規品(ボトックスビスタ)ですので安心して治療を受けていただけます。(詳しくはこちら

効果と持続時間


ボトックスの効果は3ヶ月から半年程持続します。傷も残らず、注射自体はあっという間におわり、その後も通常通りの生活がおくれるので非常にいい方法です。たとえば夏だけ汗が気になるのなら5~6月、もしくは7月初旬に注射しておけば効果はひと夏快適に過ごせます。痛みに弱く注射も怖いという方には、麻酔のテープを貼って施術すると痛みが和らぎますのでご安心ください。

ワキ汗ボトックス注射をご検討の方へ


ワキ汗が多い、ニオイがきになる等の悩みはなかなか人には相談しづらいデリケートな悩みになります。前述したように、汗は精神的要因による発汗もありますので、悩んでいるだけでは悪循環が生じてしまいます。汗腺が多いことや、ニオイがきになることは、恥ずかしいことでも何でもありませんので、まずはご相談ください。切るのがこわい、継続治療が必要な場合の費用が心配、など気になっていることを全てぶつけていただき、最善の方法をご提案させていただきます。

多汗症・ワキガ治療のボトックス注射の流れ

1 カウンセリングで汗の量や汗が多く分泌されている部位を診断し、最適な注入箇所と注入量を決定します。
 
2 注射をする部分に痛み止めのシールをはります。
 
3 ベッドに寝て、注入部位の皮膚の消毒をします。
 
4 ワキの注入箇所数か所に注射針を刺して、ボトックスを注入。
極細の針を使用しますので、「チクッ」とする程度です。
 
5 終了です。
1か月後にボトックスの効き具合を判断し、必要なら追加調整を行います。

アフターケア

※術後の経過は個人差がありますので、以下の説明は目安とお考え下さい。
※腫れは個人差がありますが、7~10日程でひきます。

手術当日 洗顔 シャワー OK
飲食      OK
3か月後~6か月後 効果が弱まってきたときの再度注入

所要時間と料金

施術時間 10分

料金

ワキ汗ボトックス注射
(多汗症対策)
1回目      62,640円(税込)
(1回のワキのレーザー脱毛 1ヶ月後の追加調整費用含む)
2回目      86,400円(税込)
3回目以降    64,800円(税込)

※初診料 5,400円 再診料 2,160円


  • この施術の症例を見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ