スマートフォン用サイトを表示
TOP > 診察方法一覧 > 鼻の整形 > シリコンプロテーゼ法

鼻の整形 シリコンプロテーゼ法

安全性の高いプロテーゼ

写真

一般に鼻を高くしたい、鼻筋を通したいという場合の方法です。
これは他の部分を犠牲にする必要がなく、万が一の場合には自家組織や散乱した異物と異なり抜去が容易であり、きちんと元の状態に戻すことが可能であるからです。

鼻のアナの入り口を1ヵ所もしくは両側切開し(キズは鼻のアナの中なので見えません)、その人の希望にあったプロテーゼを挿入します。
 ただし、このプロテーゼのみで鼻先を高く矯正しようというのは非常に危険です。鼻先を高くしたい場合には後述するような鼻先の処置を行います。

 医療の分野で一般的なシリコン素材は、安全性と共に非常にソフトで触り心地も自然なものが確立されています。鼻を高くする隆鼻術にもこのシリコンが使用され、当院ではオーダーメイドで一人一人に合わせてデザインした プロテーゼを使用します。このデザインで仕上がりは大きく違ってしまいます。その為術前にコンピュータによるシュミレーションを行い、ご希望の高さ・形を明確にしてからプロテーゼを作ります。

 プロテーゼはレントゲンにも写ります(何かの場合にレントゲンを撮った際には、その場で主治医 にきちんとお話しするべきでしょう)が、きちん と骨膜の下の層に挿入すれば、鼻根部は動きません。鼻先のソフトな感じも非常に自然です。また、通常はライトでプロテーゼが光って目立つという事はありま せん(あまりに鼻の皮膚が薄い人や高すぎるプロテーゼを積んで皮膚がのびてしまっていたりすれば別ですが、)この方法の一番の問題点は大きな衝撃(事故な ど、日常触れたり鼻をかむなどに関しては全く問題ありません。それでも、鼻を通常通り、いじることができるのは1ヶ月後です。)やアレルギー、感染などを 生じた場合に、プロテーゼが露出する(つまり飛び出してくる)可能性があることです。何度もこういうことを繰り返している方には、耳や鼻の中隔の軟骨、そ のほか肋骨・腸骨・筋膜などを用いて再建することもあります(非常にまれですが、これはプラス20万円に全身麻酔が必要ですのでその代金がかかります)。 逆に飛び出すことさえなければ、一生持つといわれています。I 字型はこのような飛び出してくる確率がL字型に比べて低い、L字型は入れたプロテーゼが曲がったりしにくいという利点・欠点があります。

 重要なことは、何か問題が生じた際には早めに来院していただき、迅速な対応を行うことです。こ れにより、大抵のことは解決できます。 手術は約1時間で終わります。数日間固定のテープを貼り、1週間後に抜糸を行います。このころにはおおむね腫れもひき、社会復帰が可能となります。内出血 斑はお化粧でカバーしてください。

施術料金

手術料金
プロテーゼ法 270,000円
プロテーゼ抜去 108,000円

※税込み

  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ