スマートフォン用サイトを表示
TOP > 診察方法一覧 >多汗症(わき汗)・ワキガ

多汗症(わき汗)・ワキガ

グランドシェービング法

においが気になるのであれば手術がお勧めです。過去に様々な手術で腋臭症の手術を行ってきましたが、このグランドシェービング法は最も患者さんに喜んでもらえる方法でした。

ボトックス注射

手術はちょっと、という方や臭いではなく汗の量がとても気になるという方には、ボトックス注射と脱毛を組み合わせたプランがお勧めです。痛みに弱く注射も怖いという方には、麻酔のテープを貼って施術すると痛みが和らぎますのでお申し付けてください。

多汗症・ワキガ

ワキガでお悩みの方にとって、汗をかきはじめる春先から夏にかけてが辛く、また、秋や冬でも汗ばむと辛いものです。「体臭が強い」ことから、外出が とても緊張したものとなります。また、ワキガが気になって、仕事や勉強に集中できないと訴える方、臭いに気付かれるのがこわくて人と交流できないなどの悩 みを持つ方が多くおられます。

現在では、昔と違って体への負担も少なく、傷跡もほとんど目立たなく手術することができるようになりました。

いつまでも悩みながら毎日を過ごすより、思い切って手術を受けてみませんか?

ワキガとは

ワキの下にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺という2種類の汗を出す腺があります。

エクリン汗腺はほぼ全身に存在していて、私たちが一般に「汗」と呼んでいるものを分泌します。この汗は主に体温を調整するために分泌されます。エクリン汗腺から分泌される汗そのものは無臭で皮膚の常在細菌の活動を抑える働きがあるのですが、衣服や皮膚に付いた雑菌に「湿り気」を与えて活性化させてしまいます。汗に濡れたものをそのままにしておくとだんだんニオイがしてくるのはこのためです。多汗症(わき汗)といわれる汗をたくさんかく人はこのエクリン汗の分泌量が多いということになります。ニオイが気になる場合は、こまめに汗をふき取り清潔にしておけば大丈夫でしょう。 一方、アポクリン汗腺は、耳の穴、ワキの下、乳輪、おヘソ、性器、肛門周囲などの限られたところにだけ存在します。

成長と共に大きさが変わり、思春期の頃から遺伝や性ホルモンなどの 影響を受け大きくなり始めます。アポクリン汗腺からはタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分どを含む、粘り気のある白っぽい汗を出します。これらの汗に含まれる成分が雑菌によって分解されて独特のニオイが発生します。汗をふき取ったり、清潔に保つだけではニオイを抑えることが出来ません。また、ワキガの人のうち半数以上は汗の多い多汗症(わき汗)を伴うと言われています。

日本人ではわきがである人の割合は約10%と非常に少ないのですが、少ないために逆に目立ってしまい、悩みの種になっているケースが多いようです。遺伝による要因が大きく、両親のどちらか片方がわきがである場合、50%の割合で遺伝すると言われています。

多汗症・ワキガの危険信号

  • Check1. 暑くないのにたくさん汗をかく
  • Check2. 汗、体の臭いが気になる
  • Check3. 家族にワキガ・多汗症(わき汗)体質の人がいる
  • Check4. 服のワキの下の部分に黄色いシミが付く
  • Check5. ワキの下の皮膚の色が少し濃い
  • Check6. ワキの下の毛が太い、または濃い
  • Check7. 耳アカが湿っている
  • Check8. 他人に臭いを指摘されたことがある

上記に一つでも当てはまる方は、多汗症(わき汗)・ワキガの疑いがあります。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。あなたにあった治療法をご案内させていただきます。

多汗症(わき汗)・ワキガのご案内

  • この施術の費用を見る
  • この施術のQ&Aを見る
  • カウンセリング予約
  • メール相談
ページTOPへ