脂肪吸引

TOP > 診察方法一覧 > 脂肪吸引

脂肪吸引

体験者の声 『安全に』そして、『最高のボディライン』に仕上げます。

Dr.内浦の脂肪吸引は
①単に脂肪を吸引するだけではなく、彫刻を彫るような細かく美しいボディデザイン
②技術力、経験、症例数豊富。 麻酔は熟練の麻酔科専門医が担当

どこの部位の脂肪吸引も可能です。
他院での手術で納得がいかなかった方、脂肪吸引の適応を中立的に判断してほしい方、お気軽にご相談下さい。

最新情報をブログにて公開しています。よろしければ是非ご覧ください。

当クリニックならではの安心

信頼の症例数で安心

素晴らしい変化の症例画像をじっくりどうぞ。もちろん全て総院長執刀です。

カウンセリングもアフターケアも執刀も全部総院長で安心

全部違う先生じゃ不安!アフターケアも同じ先生じゃないと不満

対応の看護婦も専門で安心

ていねいに質問に答えてくれる!知識・見識豊富で頼れる!

リピート率が高くて安心

下半身をして良かったから・・・二の腕をしてよかったから・・・
という方が他の部位も!とリピートされる率が多い!

実績豊富な医師だから、こんな悩みも解決

1.安全性 2.カウンセリング 3.仕上がりの美しさ 4.アフターケア

特徴① 安全麻酔について

安全はすべてに優先します。手術の安全を考える中でもっとも重要なもののひとつに上げられることが麻酔の方法です。当院で行われている脂肪吸引のときに使われる麻酔は「ウエット法」または「チューメセントテクニック」と呼ばれる脂肪吸引専用の特殊麻酔になります。

この特殊麻酔は、麻酔薬・止血剤・生理食塩水などを最適な配分で混合し、人の体のPHに近づけることによって注入時の痛みを少なくできます。この特殊な麻酔液を、手術部位にまんべんなく注入します。そうすることによって、脂肪は軟らかくなり、とてもスムーズに吸引できるようになります。もちろん手術中だけではなく手術後の痛みも出血も非常に少なくなるので、回復がとても早まります。この方法を使うことにより、今まで難しいといわれていた複数箇所の吸引でも、日帰り手術で行うことが出来るようになりました。

麻酔について

痛みをコントロール

基本は「局所麻酔」です。脂肪吸引時の局所麻酔には「痛みをとる」目的だけではなく、「出血量を減らす」「より一層凸凹のないなだらかなラインに仕上げる」という重要な要素があります。そのため局所麻酔液の各薬剤の配合は非常に重要です。

しかし、残念ながら「局所麻酔」だけでは術中の痛みの完全なコントロールは難しいのです。 理由は局所麻酔液中痛み止め成分の濃度限界を常に気をつけなければいけない点。これは非常に重要で特に手術範囲を広く行う場合には局所麻酔液の有効成分濃度を低く抑える必要があります。そのため局所麻酔だけでは完全な痛みのコントロールは難しいという現実があります。

「手術は痛くない方がいい・・・」全ての患者さまの望みだと思います。
クリニック日比谷では現時点で考えられる最も安全かつ負担の少ない全身麻酔を局所麻酔の補助として行うことにより完全無痛状態での脂肪吸引手術を可能としております。

特徴② カウンセリング時間をかけてしっかりとご説明

インフォームドコンセントを大切に

どんなに急いでも45分~1時間はかかります。
「今までの体重の変化について」、「効果のあるダイエット方法とはどのようなものか」、「脂肪吸引とはどのような手術か」、「脂肪吸引のメリット・デメリット」、「手術上の注意点」、「術後気をつけるべきこと」、「術後検診のスケジュール、その必要性」・・・etc。お話ししたいことは沢山あります。
そして実際に気にされている部分を拝見し「手術の適応がある部位はどこか」、「術後どのようなラインになるか」などを具体的な術後モニター写真を例に細かく説明させて頂きます。
疑問点、不安点は何でもお尋ねください。どんなに些細に思うことでも納得されるまでご確認ください。
「こんな質問しても大丈夫かな?」そのような心配は全く不要です。
脂肪吸引手術は「全てはカウンセリングから」、すでに始まっています。当院では、カウンセリング時にじっくりお話をお聞きし、お一人お一人に手術に対する充分なご説明をさせて頂きます。
徹底したカウンセリングを行うことは、手術前の大切なプロセスの一つです。

特徴③ 仕上がりの美しさ自然なボディラインを実現

デザインを熟慮し最も目立たなくかつ広範囲に脂肪を取れる場所に2mmぐらいの小さな穴をつけ、そこからカニューレと呼ばれる細い金属のストローを入れて前後に動かしながら脂肪を吸引していきます。吸引する部位に合わせ数種類のカニューレを使い分けていくのでより細かい仕上げが出来るようになります。

さらに、クリニック日比谷では従来の機械の力による吸引ではなく、「シリンジ式」といわれる注射器の負圧を利用する方法で丁寧に脂肪を吸引していきます。機械を使わないため無理な力で脂肪組織を吸引することはありません。ですから、過度の内出血がおこったり凹凸になるようなこともありません。

身体に優しいこの方法は一度に複数個所の脂肪吸引をすることもでき、もちろんその日のうちにお帰りいただける負担の少ない新しい方法です。このシリンジ式脂肪吸引は高度なテクニックを持った医師でしか行えないですがその仕上がりの美しさが違います。シリンジ式脂肪吸引術とチューメセント・テクニックの組み合わせは、脂肪吸引を行っていく中で最も質が高く、最も安全な脂肪吸引であるといえるでしょう。

カニューレ参考図 カニューレ参考図 カニューレ参考図

特徴④ 万全なアフターケア1年間に数回行う無料定期健診でしっかりサポート

無料検診のご案内

「シリンジ式」脂肪吸引は手術中はもちろんのこと、手術後の負担が小さいことも大きな特徴です。吸引の手術が終わりましたら、一日の間だけ包帯を巻き、脂肪吸引をした部位をしっかりと圧迫します。 翌日には、包帯を全てはずし専用のサポーターやウエストニッパー、ストッキング、ガードルなどに替えていただきます。来院しての治療が望ましいですが、ご自宅で行うこともできます。

その後、特に目立つような大きな腫れはなく、1週間くらいでだんだんと落ち着いてきます。2週間経ったころには、内出血などもほとんど目立たなくなり、痛みを感じることもなくなってくるでしょう。

一番気になる「細くなった」という実感は、脂肪吸引の後、10日程経った頃から感じられます。その後も6ヶ月~9ヶ月ぐらいかけて、どんどんと引き締まっていきます。

脂肪吸引というものはこのように完全に細くなるまでの経過は長いので、患者さまに不安がないように当院では、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月という時期に無料定期検診の日をもうけています。 ご心配なことがありましたらいつでもおっしゃってください。もちろん、電話によるアドバイスも可能ですので、何か不安なことがあったらまずはお電話をいただけると安心です。特に遠方の方は遠慮なくお電話ください。

脂肪吸引後の日常生活について注意事項は多くありません。 帰宅後、その日くらいはゆっくりできると一番安心です。 翌日からは積極的に動いてください。安静にする必要はありません。 シャワーは手術翌日からお入りいただけます。もちろん傷口が濡れても大丈夫です。 痛みの少ない方法だからこそ翌日から通常の生活をしていただけます。
3週間も経てば、ほとんどどんなことをしても大丈夫になります。

脂肪吸引の手術後も総院長の内浦が責任を持ってアフターケアをしていきます。 気になることがあればいつでもご相談下さい。

手術当日の流れ

ご来院
施術当日は、ご予約時間にご来院下さい。
(前日のお食事制限や当日の服装制限などがある場合は、ご予約時に事前のご案内をさせていただきます。)
問診
問診をして、健康状態を把握いたします。
マーキング
吸引箇所、吸引範囲をマーキングします。
麻酔→脂肪吸引
1.麻酔をします。
2.麻酔後無痛状態になりましたら、脂肪吸引を開始します
休息
手術が終了しましたら、休息をしていただきます。麻酔方法にもよりますが、全身麻酔の場合ですと、意識がしっかりと戻ってから数時間が目安です。休息の間も担当医や看護婦が付いていますのでご安心下さい。
リラックスして休息していただくことが大切ですので、ご質問やご希望などありましたら何でもおっしゃって下さい。
ご帰宅
十分な休息後、ご帰宅いただけます。
本日はお疲れ様でした。
この後も定期検診の他、気になることがある度にお電話又はメール下さい。夜間用の電話番号もございますので24時間サポートいたします。

施術時間と費用

部位により異なります
脂肪吸引料金表

※料金はすべて税込表示になっております。

※カウンセリングは無料です。

術後の流れ

手術当日
・洗顔○
翌日
・シャワー開始○
(傷口はしっかり縫いますので濡れても大丈夫です)
・包帯を外します
7日後
・抜糸の為、ご来院下さい。
・入浴は抜糸が終われば○
10日~14日後
・腫れ・内出血ともほぼ引きます
10日~14日後
・腫れ・内出血ともほぼ引きます
1ヶ月後
・チェックの為、ご来院下さい
3ヶ月後
・チェックの為、ご来院下さい

※抜糸の為、7日後にご来院下さい。
※腫れのピークは数日で引き、1ヶ月後には自然に引き締まった状態に戻ります。

脂肪吸引のよくある質問

運動はいつから可能ですか?
手術後の早い時期に、激しい運動(汗をたくさんかくような)をされると、腫れや痛みが強くなる可能性があります。10日以降であれば普通に運動されて問題ありません。ご自分の痛みと相談しながら行いましょう。 吸引箇所にもよりますが、自転車に乗るぐらいの運動でしたら、3日もすれば大丈夫です。
術後凸凹になったという方の話を聞いたことがあるのですが本当ですか?
担当医師は少しでも多くの脂肪を吸引したいと考えながら手術をします。しかし、取り過ぎると凸凹という結果を引き起こします。凸凹にならないように、たくさんの脂肪を吸引するために必要なものは、豊富な経験とデザイン力とセンスです。担当医師がどんな医師なのかを手術前に知るためには、十分なカウンセリング、実際の担当医師の症例写真を見せてもらうなど、医師との強い信頼関係が必要になります。検診時に状態をチェックするのはもちろん、患者さんの希望、要望を毎回確認します。現在の食生活や運動環境を含めてチェックしていきますので、より効果の高い手術をお約束いたします。

安心クリニックサービス

痛みに弱い方でも安心してお受けいただけます

手術中の痛みについては全身管理・麻酔管理を習得した医師が手術範囲にあわせた麻酔を組み合わせながら行うので心配なさらないで下さい。完全無痛という方法も可能ですのでご相談下さい。
手術後は、筋肉痛のような痛みがありますので、体質に合わせて痛み止めの内服薬や坐薬などを処方いたします。

術後に心配事はいつでも連絡ください

術後はどんなことでもどんどん相談してください。夜間専用電話もご用意しておりので、診療時間が終わった後でも直接ドクターと話が出来ますのでご安心下さい。

手術翌日から普段通りの生活をしていただけます

術後はなるべく普段通りの生活を心がけてください。無理することはありませんが、そのほうが回復も早くなります。

自然な仕上がりってどんな感じ?

脂肪吸引だけでなく、当クリニックでは常に自然な感じを大切にしています。脂肪吸引で言う、自然な感じとは、取り過ぎず取らなさ過ぎずほどよく筋肉に脂肪がのっている状態のことを言います。また、その方の骨格、筋肉の付き具合、ご本人様のご希望をしっかりとカウンセリング時に確認いたしますのでご安心下さい。

気になったらまずはご相談・お問い合わせ

あきらめる前にまずはお気軽にご相談ください。もっと早くしていればよかったという皆様の声をあなたの声にしてください。

顔の脂肪吸引のご案内